wx04とwx03は何が変わった?新旧モデルを比較

スマホ所有が当たり前の今、インターネットをスマホで済ませる人が増えています。たくさんある回線業者にもギガ数の多いプランが登場して昔より快適に使えるようになってきました。

でも、ギガ数が多ければスマホ代は高くなってしまうのがジレンマだったり・・・。

そんなときに便利なのがWiMAX。

WiMAXには使い放題プランがあり、料金も月々4000円以下。スマホと2台持ちにすることで契約内容によってスマホ代を節約することもできます。

そして、WiMAXでは最近新しい機種【wx04】が登場しました。ちょうどこのタイミングでWiMAXデビューや乗り換えを考えている人も多いのでは?

私もwx04の一個前のモデル【wx03】を使っているため、新しいモデルがどう変わったのか?違約金を払ってでも乗り換える価値があるのか?などなど気になっています。

そこで、wx04はwx03とどう変わったのか、何が進化したのか、乗り換える価値があるのか?について調べてみました。

wx04とwx03の違いを調べました

比較する前に旧モデルwx03の機能をまとめ、wx04との比較結果から違いを調べていきます。

wx03の特徴的な機能・スペック

  1. 最大速度は440Mbps
  2. バッテリーは大容量2890mAhで長時間使える
  3. 2.4インチの大画面タッチパネルディスプレイ
  4. Wi-Fi規格5GHz帯に対応
  5. 専用クレードルに初搭載された拡張アンテナ機能

細かい部分にも注目すると、wx03にはもっとたくさんの機能が搭載されていますが、使ってみた感じ快適さに直結するのはこの5つだと思っています。

wx03の注目機能5つをもっと詳しく解説!

1.最大速度は440Mbps

今では日本全国ほとんどのエリアで使えるようになった標準的な速度です。使うにはハイパフォーマンスモードというちょっとバッテリー消費が多くなる設定に変える必要があり、ウチの環境では速かったり遅くなったりで使い勝手がいいとは言えません。これより最大220Mbpsのノーマルモードが常に一定速度で繋がってくれるため安定して使えます。

2.バッテリーは大容量2890mAhで長時間使える

WiMAXルーターでも多めのバッテリー容量で、消費電力が少ないエコモードなら最長16時間以上もの連続使用ができます。と言っても実際そんなに使ったことがないのでカタログ値ですが・・・。でも嘘は書けないと思うので標準的な環境で普通に使っていればそれくらい使えるんでしょう。

3.2.4インチの大画面タッチパネルディスプレイ

wx03の前のモデルから大幅に大画面化し、指が太い男性でも操作できるサイズ感になりました。タッチパネルの反応もスムーズでストレスフリー。操作性はバッチリです。

4.Wi-Fi規格5GHz帯に対応

wx03とスマホをつなぐとして、wx03側からはWi-Fi電波でデータのやり取りをします。このWi-Fi電波が今までは2.4GHz帯が主流だったのですが、これって他の家電なども使ってます。そのためお互いに干渉しやすいんですよね。干渉されればスムーズにデータのやり取りができなくなって速度が遅くなったり最悪繋がらなかったり・・・。

そこで5GHz帯の登場です。この帯域はまだそれほど使われてない、というか家電で使ってるのを私は知りません。邪魔者がいないため快適にデータのやり取りができます。実際に速度計測してみたら、倍、までにはなりませんでしたが、1.5倍以上5GHz帯のほうが速くなりました。

5.専用クレードルに初搭載された拡張アンテナ機能

wx03最注目機能がコレ。クレードルという台座にもなり、有線接続もできるようになる機器があって、wx03専用クレードルにはWiMAX電波の受信を助けてくれるアンテナが付けられています。電波を受け取るアンテナが増えればデータのやり取りがスムーズになり、速度もアップ!実測で1割以上速くなったのでかなり快適性は高くなります。

WiMAXの快適性は、WiMAX基地局という電波の中継器との距離や間にある障害物、同時に使っているユーザー数しだいなので運要素もたっぷりありますが、基地局からの電波をしっかり受け止められれば遅延が発生しなくなるので速度も速くなります。荷物届けにきて留守だったら再配達になり届くのが遅れるのと一緒です。

 

ここまでwx03の快適さをアップさせてくれた機能を紹介してきました。

これを元にwx04との違いを見ていきますが、まずここで挙げたwx03のいい部分は、wx04に全て搭載、またはパワーアップして搭載されています。新機種なんだから劣化することがないのは当たり前と言えば当たり前なんですが、ハッキリ行って比較するまでもなくwx04を選んだほうが快適です。

ここからはwx04で新しく追加された新機能を中心に見ていきます。

wx04で搭載された5つの新機能

  1. au 4G LTE回線に対応し繋がるエリア拡大
  2. 一時的に4G LTEを利用する「ワンタイム」機能
  3. バッテリーが3200mAhにアップ
  4. ライフサイクルに合わせたスケジュール機能搭載
  5. クレードルにビームフォーミング機能追加

過去のWiMAXルーターでもココまで新機能が追加された例はあまり見られません。wx03に較べて他機種の良い部分を詰め込んだてんこ盛りなモデルとなりました。

wx04に搭載されたそれぞれの注目機能を詳しく見ていきます。

wx04の注目機能5つを詳しく解説!

1.au 4G LTE回線に対応し繋がるエリア拡大

WiMAXはau系列の会社がやっているサービスなので、auとの親和性が高いこともあって、一部端末ではau 4G LTE回線も使えました。でも、wx04の過去モデルたちは非対応だったんです。今後もこのシリーズは対応しないものだと思っていましたが、wx04でついに対応してくれました。WiMAX回線の対応エリアよりau 4G LTE回線のほうが広くカバーされているので、より使い勝手が高くなるのは間違いありません。

2.一時的にau 4G LTEを利用する「ワンタイム」機能

au 4G LTE回線対応はいいことばかりではありません。これを月7GB以上使うと使い放題プランを契約していても速度制限されてしまいます。実際には約1Mbpsに制限されるんですが、ためしに体験してみたらユーチューブ動画(360p画質)見てるとたまに途切れるくらいの通信環境になります。それ以上の画質ではとても快適には見られないでしょうね。

そのためau 4G LTE回線の利用はあくまでも一時的なものとなります。でも人間元の設定に戻すのを忘れることだってあるはず。そんなときwx04で初搭載されたワンタイム機能があれば、使い終ったら勝手に戻してくれるので安心です。

3.バッテリーが3200mAhにアップ

モバイルルーターはバッテリー容量が多くて困ることはありません。wx03でも十分長時間使えましたが、wx04でさらに容量アップ!使い続けられる時間が増え、今まで以上に気楽に使えます。

4.ライフサイクルに合わせたスケジュール機能搭載

wx04はバッテリー容量アップしただけでなく、電源切り忘れによるムダな電力消費を抑えてくれるスケジュール機能が搭載されました。至れり尽くせりな感じです。

この機能では1時間ほど何もしなかった場合に、休止状態や電源オフにしてくれるため、ムダな消費を抑えられます。

5.クレードルにビームフォーミング機能追加

wx04の最注目機能といえるのがこのビームフォーミング。wx04用クレードルに新しく搭載され、Wi-Fi電波を繋げている対象端末(タブレット・スマホ・ノートpcなど)に届きやすくしてくれます。

室内でスマホをwx04に繋いで動画を見ているシチュエーションなら、動画再生がスムーズになる可能性が高くなります。もちろん動画以外も同じです。

~結論~
比較するまでもなくwx04がおすすめです

比較するまでもなく、なんて言ったらここまでの比較を全否定してしまいますが、それくらいwx03に較べてwx04がスゴいってことですね。

迷うまでもありません。契約するならwx04にしましょう。確実に快適です。

wx04が格安で使えるWiMAXプロバイダ
▶▶BroadWiMAX